お店選び

アンチエイジングの仕組みを紹介

アンチエイジングという言葉は「アンチ=拒否する、抵抗する」「エイジング=加齢」を組み合わせた言葉で、ひと昔まで女性が実践していた“年を取ったらお高い化粧品を使い始めて老化を遅らせる=エイジングケア”よりも、出来るだけ早くから始めて老化を遅らせて闘う方法です。
それには、化粧品だけに頼らずに健康的で若々しい身体を作る方法を知る必要があります。
食品による、身体の内側からアンチエイジングを行うことは、身体の抗酸化に役立ちます。
わかりやすく例えると、長年使って錆びてきた自転車を磨いて、オイルをさしてあげるようなものです。
内側からアンチエイジング・ケアをおこなう方法として、女性の場合は女性ホルモンを活発にすること、補充することが挙げられます。
そう、自転車のタイヤに空気を入れるイメージです。

女性が更年期にさしかかるに伴い、女性ホルモンであるエストロゲンは減少してゆきます。
髪の質が変ったり、お肌が乾燥するだけではなく、精神的にもイライラすることや落ち込むことが増える人もいます。
敏感肌になったりアレルギー症状が起こりやすくなるのは、ホルモンバランスが崩れて、自律神経に乱れが起こるからなのです。
こういったネガティブなことをなるべく解消するためにも、アンチエイジング・ケアを実行するのが現在の主流になりつつあります。
女性ホルモン・エストロゲンと同じような働きをしてくれる、大豆イソフラボンを食材やサプリメントで摂る他にも、医師の指示によって行うホルモン補充法が知られています。

精神的なストレスを軽減させるアンチエイジング・ケアには、ヨガや音楽療法も効果があります。
そして、若々しい肉体を取り戻すには、適度なエクササイズがかかせません。
筋肉を適度に使い続けることによって、細胞を活性化させ血流を良くし、高齢による骨粗しょう症を未然に防ぐことが出来るのです。
これには、ウォーキングやストレッチを日々の習慣として取り入れていくことをおススメします。
アンチエイジングを難しく考える必要はありません。
この仕組みを理解して、出来ることから実践していくことこそが、貴方にあったアンチエイジング・ケアを見つけることなのです。